検索
  • 管理者

就労移行支援事業所とは




平素よりお世話になっております。


就労移行支援事業所ラボ・ラーレは2017年に開所して以来、あさひの丘病院の敷地内で運営させて頂いておりました。


そしてこの度、2020年9月末に神奈川病院の目の前にあるドリーム薬局の上に移転しました。まだできたばかりの建物で、中も新しく綺麗です。


リニューアル・オープンに伴い、10月にこのホームページを開設しました。まだ至らない部分もありますが、今後も引き続き、皆さまのご支援、ご愛顧をよろしくお願い致します。


この度のリニューアルオープンに伴い、再度ラボ・ラーレの説明ができればと思います。ラボ・ラーレは就労移行支援事業所ですが、今回は就労移行支援事業所とは何なのか説明させて下さい。


就労移行支援事業所とは、障害者総合支援法という法律で定められた障害福祉サービスです。就労移行支援事業所は、就労移行支援とか就労支援と略されることも多いですが、何らかの障害をもち、働きたいと思う方が、働くための知識を増やし、職業能力を高める場所です。


例えば、就労移行支援事業所では、仕事や就職の訓練・サポートや、ご本人の適性に合った職場探しのお手伝いを行います。障害の対象は広く、精神障害、発達障害、知的障害や身体障害、難病などが含まれます。ここまでは一般的な就労移行支援事業所の説明です。


ラボ・ラーレは精神障害に対応した就労移行支援事業所です。主に統合失調症の患者さんが多く通所されています。


就労移行支援事業所の利用料金は、サービス提供費用の1割が上限です。また、世帯の所得によって月ごとの負担上限額が設けられています。詳しくは、ラボ・ラーレの説明のページをご覧下さい。以下がリンクになります。


ラボ・ラーレの説明はこちらです


53回の閲覧0件のコメント